コールオブデューティとバトルフィールドの決闘は木曜日に別の次元を取ります。 直接レースになります。 両方のゲームの開発者は、同時に新しいコンテンツを発表することを計画していました。 DICEは午後5時にハザードゾーンモードを導入します。 このモードの予告編が表示されます。これは、従来のバトルフィールドモードが提供するものとは大幅に異なるはずです。

ハザードゾーンはTarkovからの脱出またはHunt:Showdownに触発されるという非公式の情報が過去に登場しました。 プレイヤーはお互いにAIと戦い、蓄積された戦利品を失うことなく収集のポイントに到達しようとする必要があります。 ハザードゾーンには専用のマップがないようですが、BF2042の他のマップを使用してください。 サポートされているものの1つは、ベータ版で試したOrbitalと言われています。 新しいモードのせいでさらに多くの憶測がありますが、明日は明らかになるので、水晶玉から予言することはおそらくもはや意味がありません。

すでに述べたように、DICEがハザードゾーンを提示すると同時に、ActivisionはCall of Duty:Vanguardのゾンビに再び午後5時に焦点を合わせます。 Vanguardの開発は、Sledgehammer Gamesチームの開発者が主導していますが、このモードは主にTreyarchスタジオで作成されます。 さらに、それはどういうわけかブラックオプス冷戦のゾンビと彼らの物語に関連していると思われます。

しかし、Call of Dutyプレゼンテーションのこの目新しさがあなたにとって十分でない場合、Activisionはおそらく今日Warzoneの新しいアンチチートシステムを提示するでしょう。 第二次世界大戦とヴァンガードに触発された新しい地図とともに、今年後半に発売される予定です。 その開発により、Raven Softwareチームは変化しましたが、システム自体はCall of Duty:Vanguardにも反映される可能性があります。 同時に、ベータ期間中にすでにフェアプレイパーティーの問題に苦しんでいました。 そして、ウォーゾーンは常に詐欺師と戦っています。 おそらく、著者はこの分野での優位性を取り戻すことができるでしょう。

#コールオブデューティ#第二次世界大戦#fps#戦争

Comments are closed.

Exit mobile version